夢を紡ぐ

メンテナンス後のスーツは、購入したてのスーツより美しい。

セーターなどニットの毛玉、毛並みの乱れや型崩れの再生。

PhotoGrid_1457094144045

スーツの再生をしてると、これもお願いできますか?と色々な洋服を依頼されます。
最近気になるのはニット製品。
これも突き詰めれば美しく再生できます。

上の写真はLoro Piana ファー付カシミアニット、所々にレザーが使われてます。

写真はメンテナンス後です。
状態は、型崩れが少し有るのと、スレにより毛足が長くなり、所々に毛玉が見受けられました。
水洗いと整形、毛玉をとり毛並み等を整えましたので、新品に近い状態まで再生出来たと思います。

PhotoGrid_1457095860433

上が再生後、下が 再生前

上の写真のニットはかなり酷い状態でした。
ウールやカシミア等の天然繊維は、人間の髪の毛と同じ特性を持っています。
髪の毛の汚れはシャンプーで落としますが、洗浄力が強いとかえって髪の毛を痛めてしまいます。
また寝癖など髪の毛の乱れも起こります、そして日ごと髪は伸びています。
これらの現象はニットでも起きていることです。

ウールやカシミアも”水洗いが一番”いいですが、洗浄力が強いとよくありませんし、ニットの毛足が乱れることもスレによる毛足が伸びるのも、髪の毛と同じ現象と言えます。

つまり人間の髪の毛と同じ性質のウールやカシミアは、同じような処置が必要になってきます。
ニットも水洗いが最適なこと、それと毛並みを整えるブラッシング(ブラッシングは毛玉を防ぎます)
スレにより毛足が長くなればカットする。
同じ処置をしなければいけませんね!

僕のやっていることは、「洋服の美容室」みたいなものです。

僕は皆さんにも、日頃のお手入れでブラッシングを奨めています。
ブラッシングの掛け方次第で、ご自分でも美しい状態が保てます、日頃からブラッシングを
しましょう!

近々、ブラッシング教室なるものを行えればと思っています。

ブラッシングは、どこまで洋服美しく出来るか!

感動のブラッシングをレクチャーしたいと思います。

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

久田 良一
テーラーリングの技術をフィードバックして、スーツのメンテナンスの方法を樹立。
スーツを触診すれば、着た回数、状態まで理解することができる。
イタリアラグジュアリースーツを中心にしたメンテナンスを10年、扱ったスーツは3万着を超える。

夢はクリーニングの概念を超えた、re-creatorリ・クリエータの存在を日本に根付かせ、世界に広めること。

詳しくはこちら
Return Top