夢を紡ぐ

メンテナンス後のスーツは、購入したてのスーツより美しい。

目を養う。

目を養う。

「洋服の再生」を看板にかかげてると、様々な状態の洋服が持ち込まれます。

 

本日は、ショップからの依頼のコートです。

 

全国どこにでもある、有名なクリーニング店に出したら、こんな風に戻って来てしまったというもの。

DSC_0225

一度やり直しをさせて、2回目でもこんな状態です。

 

お客様がしびれを切らして購入したショップに持ち込まれ、当店に依頼された次第です。

 

ブランドはロロピアーナで綿とナイロンが半々の素材でできており、いたる所にレザーが使ってあります。

 

元々繊細で問題が起こりやすいブランドです。

 

一般的な処理方法でクリーニングされたと思います。

 

どこのクリーニング店でも起こりうる事かもしれません。

 

今回は目に見える形で洋服が壊された事例だと思います。

 

復元する前の写真を見て、

疑問を持たないことに問題がある、と僕は思うのですが…

 

特に当事者のクリーニング会社さん、他のクリーニング店さん、洋服を販売されている方も含め、

少なくとも、洋服にたずさわるどれだけの方が、この洋服の状態がおかしいと感じるのか?

 

残念ながら、この洋服を購入されたお客様しか解らないのではないかと思います。

 

想像してください。この洋服が、ブランド店で他の美しい気品のある洋服の中で売られている事を。

 

そしてお客様に夢を売っている事を。

 

また、その服の価格が40万円以上することを。

 

この洋服の「美しさ」と「価値」が解らないことは、とても悲しいことだと僕は思います。

 

こういう洋服を販売される会社は、もっと真剣にお手入れの事を考え勉強して下さい。

 

そしてきちんと、お客様へアナウンスをしていただきたいと思います。

 

またクリーニング店で、このような繊細な洋服を扱うのであれば、まず美しさの目を養わなければいけないと思います。

 

技術の前に美しさの目を、そして想像力も養いましょう。

 

美しさの再生は、美しい状態をどれだけ見てきたか、目に焼き付けてきたかだと思います。

DSC_0232

向かって左側が再生後。

ABOUT THE AUTHOR

久田 良一
テーラーリングの技術をフィードバックして、スーツのメンテナンスの方法を樹立。
スーツを触診すれば、着た回数、状態まで理解することができる。
イタリアラグジュアリースーツを中心にしたメンテナンスを10年、扱ったスーツは3万着を超える。

夢はクリーニングの概念を超えた、re-creatorリ・クリエータの存在を日本に根付かせ、世界に広めること。

詳しくはこちら
Return Top