夢を紡ぐ

メンテナンス後のスーツは、購入したてのスーツより美しい。

Page 2

洋服が生まれ変わるお手入れ。

洋服が生まれ変わるお手入れ。

僕がメンテナンスを勉強するようになって、3年目ぐらいに書いたキャッチフレーズです。 先日、とあるクリーニングの展示会を見て来ました。一般の方はどんな内容なのか分からないので簡単に説明すると、クリーニングの業務用の洗濯機や、洗い終った洋服を仕上げるプレス機その他クリーニングに必要な包装資材等、一応クリーニング業界で使われ...
Small is Beautiful

Small is Beautiful

    “スモール イズ ビューティフル” -小さいことは美しい-   1973年に発表された、イギリスの経済学者シューマッハがとなえたエッセイ集です。   近い将来におけるエネルギー危機や、行き過ぎた大量生産、資本主義が与える環境負荷など資本主義の崩壊を...
一方通行のサービス。

一方通行のサービス。

前回のブログで、クリーニング屋さんからコメントをいただきました。 「仕事の効率ばかり気にして、お客様とのコミュニケーションまで考えていなかった。」とありました。 僕も始まりは、一般的なクリーニング店からのスタートです。 業界の現状は大体は分かっているつもりです。 ふとこの業界の事が頭に浮かんだので、今回は、このテーマで...
洋服の思い出に寄り添う。

洋服の思い出に寄り添う。

このような仕事をしていると、お客様から意外なオーダーがあります。   以前、お客様から思いがけない依頼がありました。   それは、ある部分の汚れだけを落とさずに、メンテナンスしてもらいたいとのことでした。   持ち込まれたのは、白い生なりのブリオーニのスーツ。   ジャケットの胸...
目を養う。

目を養う。

「洋服の再生」を看板にかかげてると、様々な状態の洋服が持ち込まれます。   本日は、ショップからの依頼のコートです。   全国どこにでもある、有名なクリーニング店に出したら、こんな風に戻って来てしまったというもの。 一度やり直しをさせて、2回目でもこんな状態です。   お客様がしびれを切ら...
ファストフードが文化になった。

ファストフードが文化になった。

  洋服をプレスすることは、もう一度、その洋服に魂を入れる様なもの。 洋服の再生(リ-クリエイト)は汚れを取るだけではない。 プレスは、本来その洋服の持つ、”美しさ”を取り戻す重要な作業です。 萎れた花を、もう一度生き生きと咲かせるような… それと同時に、着心地の良し悪しもこのプレス作...
ナポリスーツには不完全の美がある。

ナポリスーツには不完全の美がある。

  芸術を理解する事は、違いを受け入れるいい勉強になる。     僕は、よく美術館に絵画を観に行きます。   “良く作られた洋服と芸術作品”   僕は、共通点が多いにあると思います。   数年前に、名古屋の美術館でモネの展覧会がありまし...
仕事の依頼は最高峰から始まる。

仕事の依頼は最高峰から始まる。

 「お願いしたい物があるので、ショップまで来て頂けます  か?」   突然、ブリオーニの店長からお電話を頂きました。   そこで、10着のブリオーニのスーツをお預かりすることに!   この店長とお会いしてから、話がとんとん拍子で進んでいくので、自分でも信じられないくらいでした。  ...
努力で偶然は必然に変わると思う。

努力で偶然は必然に変わると思う。

< 来る日も来る日も、スーツと向かいあい、アイロンを掛け続ける日々。 理想のシルエットに近づける為、毎日が勉強でした。やればやるほど疑問が出てきます。 そんな事の繰り返しを3年近くやってきた頃、 自分の技術に少し自信が持てるようになりました。 次に僕は、なんとかこの技術を生かした仕事がないかと、スーツを取り扱って...
必然の出会い

必然の出会い

人生において、その出会いが偶然であれ、必然であれ人生を左右する出会いがあります。 僕は、 クリーニング店の二代目としてこの業界に入った時から、正直何か物足りなさを感じていました。 実家の店はそこそこ順調に軌道にのせていましたが、全く見知らぬ土地で開いた2店舗目は、オープン当初から苦戦の連続。 僕は、このままいったら1年...
Return Top